馬刺し通販ランキング.net

  

食中毒の基礎知識

最終更新日時:2017年10月15日(日)

馬刺し好き必見!本当に美味しい馬刺し通販ランキング

食中毒の基礎知識

馬刺しは食中毒も少なく
安心して食べられる生肉となっております。
しかし、しっかりと冷凍保存したり
適当に解凍を行ってしまうと
食中毒を引き起こす可能性があがってしまいます。
丁寧に保存・解凍するようにしましょう。
そして、特にこれからの季節は
食中毒が増えていきます。
基本的な食中毒について理解して
安全な食生活を送れるようにしましょう。

まず、一言で食中毒といっても
種類がいくつかあります。
・細菌性食中毒
・ウイルス性食中毒
・自然毒食中毒
・科学性食中毒
・その他
というように分かれます。

まず、一番種類が多いのが細菌性食中毒です。
これは感染型と毒素型に分かれます。
感染型は細菌が体内に入り
その後体内で増殖しておこる食中毒です。
免疫機能が低下している時などに発症しやすく
幼児や高齢者はより注意が必要となります。
毒素型は、体内に入ってきた細菌が自ら
毒素を発生させることによって引き起こされる
食中毒となります。
食品中に大量発生していると
体内に入ってきた際に症状が重くなってしまうため
食品中でこの細菌を繁殖させないように
しなければなりません。

細菌性食中毒は
生物にももちろん付着されていますが
野菜やチーズ、ウインナー等の加工食品や
人の手からも感染するため
おにぎりやサンドイッチにも付着されています。
これらの細菌を体内に入れないためには
まずは手指の消毒が必要です。
調理や食事をする前には必ず
手を丁寧に洗うようにしましょう。
また、低温時には細菌はほとんど増殖しないのですが
常温になった際に繁殖が進んでしまいます。
そのため、買ってきた食材等はすぐに
適正に保存するようにしましょう。
そして、加熱殺菌を行うことも大切です。
菌を100%取り除くことはできませんか
加熱殺菌等を行うことで
何万といる細菌を数百にまで抑えることができます。
数百くらいの細菌数でしたら
人の免疫機能で細菌に負けることはありません。
細菌を手から食材、食材から手に移さないこと
保存を適正に行い菌を増やさないこと
加熱処理を行い菌を死滅させること。
これらのことをしっかりと行えば
そう簡単に食中毒になることはありません。

次にウイルス性の食中毒です。
有名なのがノロウイルスですね。
カキなどの二枚貝に付着されている
ことが多いウイルスとなります。
人の腸内で増殖するため
ウイルスを体に入れないことが大切です。
また、感染力も強いため
ウイルスを保持している人から
感染してしまうこともあります。
カキを食べる際には
きちんと処理を行っている信頼のある店舗を利用し
十分に加熱が行われているものを
口にするようにしましょう。
一度感染すると体内からウイルスを出すまで
自宅から出れない状態になるため
仕事にも支障をきたす恐れがあります。
ノロウイルスは冬に多い食中毒ではありますが
夏場には感染しないというものではないため
気を抜かないようにしましょう。